2015年7月14日。
NASAの惑星探査機「ニューホライズンズ」が冥王星にたどり着きました。

打ち上げから9年。
2006年1月時点では「惑星」としての地位を持っていた冥王星。
ニューホライズンズは探査機がまだ訪れたことが無い最後の「惑星」へと
旅立っていったわけです。

ところが、当時冥王星のような中程度の太陽系外縁部の天体が続々と発見され、
惑星の定義が崩壊しかけていた時期でもありました。
そして2006年8月。
ニューホライズンズが冥王星へ向かっている最中、
冥王星は「準惑星」へと降格になってしまったのです!!
なんということでしょう。

ニューホラ「やったよ…僕…“最後の惑星”にたどり着いたよ!」
天文学者「あ、それもう惑星じゃないから」

なんということでしょう…!(二回目)
 続きを読む