XVの内装って実用的過ぎるかも……そんなとき
 P6300160


こんにちは、南波瑛人です。

XV乗りはじめて、内装に味気なさを感じています。
必要充分ではあるものの、もう一つ、何か一つアクセントがあれば良いのになぁ、と。 
(自由にドレスアップしてね、というスバルからのメッセージなのかもしれませんが^^;)

でも車を購入したばかりでお金もないし、そこまで手間もかけたくなかったので、
少し小物を増やしたり、ドレスアップ用のシールを使ってみることにしました。



◆エンジンスイッチをデコレーション
ノーマルのエンジンスイッチって、スバルに限らずどのメーカーもシンプルですよね。
エンジンスイッチがかっこ悪いからって、わざわざ差し込みタイプのキーを選ぶ人がいるほど。
でも、この商品はどうでしょうか?

P6300147
これトヨタ用ですが、スバル車にも対応しています。
他の各種メーカー用も発売されているので、気になる方は調べてみてくださいね。

メッキ+カーボンがシブい!!
はじめてこの商品を見つけたのは、なんとホームセンター。
(結局オートバックスで購入することになるのですが^^;)
意外と近所で売られているかもしれませんよ?

P6300150
パッケージを開けるとこんな感じ。
二つのパーツに分かれます。

P6300149
それぞれの裏面にはこのように強力両面テープがくっついています。 
強力すぎて、一度貼ると貼り直しができませんので 要注意(←フラグ)

P6300174
まずはスイッチ回りを綺麗にして、周りのリング部分を貼り付けます。

P6300175
次にスイッチ部分を取り付けて……あっ!1ミリほどズレた!!
(フラグ回収)

えー、これ先にスイッチ取り付けて、リング部分を後につけたほうが圧倒的に成功しやすいですね。

でも、これだけで結構違って見えますよね?
お手軽だし、良いと思います。



◆シガーライターソケットを電飾
シガーライターソケットって、色々な車載製品の電源になるので、
出来るだけ増やしたいという人も多いと思います。
そのためにハブをつけて穴の数を増やしたりとかね。

でも、僕はオプションで100Vの家庭用電源コンセントを追加してしまったので、
特にシガーを増やそうという気にはなりませんでした。
それに元々XVにはヒジ置きの下にもシガーソケットが備え付けられてますから。

P6300161P6300162

つまり、現状としてはシガーソケットが一つ分不要。
しかも、夜になるとこのソケット部分が真っ暗になってしまうのが気になっていました。
そこで、このソケットを電飾化することに。

P6300166
少し前に購入したこいつ。
シガーソケットをUSB2個分に変換できる優れもの。
さらに、他の製品より電圧(←電流でした)が高めに配分されるので、携帯電話の急速充電にも対応しています。
見た目も悪くないかな~……と思っていたのですが、

P6300168
思いの他飛び出して見えるうえに

P6300196
夜になると眩しい!!
運転中にLEDの光がすごく気になってしまいました。
上下逆に差し込むと、発光部が下向きになってよい感じなのですが、
そうすると今度は昼間見たときに格好悪い。

そこで、いっそインパネ部のシガーは完全に「彩光用」に埋めてしまい、
このUSB変換はヒジ置きの下のシガーソケットに移動することにしました。

P6300148
で、今回使うのはこれ。
一番やっっっすいUSB変換です。

P6300169
これだけだとこんな感じ。
実用的過ぎますね。

P6300146
そこで、こいつと組み合わせて使います。
余っているUSBポートに差し込むだけで使える電飾です。
パソコンのポートに差しとくだけでも洒落てると思います。

青色LEDもあったのですが、XVのコンソールパネルが赤色の発光なので、青だと少し合わない。
今回はピンクを選びました。

P6300156
 大きさ的にはこんな感じ。
二個入っているので、一つ余ってしまいますが、それは後日使います。

P6300170
設置してみたところ。 
小さいからほとんど目立ちません。
なので、シガーを目立たせたい人には向かないかも。

でも夜になると思いの他存在感を強めます。

P6300197
画像ではわかりにくいかもしれませんが、なんと言うか……エロいんですね。
そりゃピンクですからね。

XVの元々の赤いコンソールパネル、ナビの紫色の発光との相性は抜群でした。
個人的には大満足です!

あ、あと補足。
ON・OFFのスイッチはないですから、実際には昼間でもピンク色に光っています。
でも昼だとあまり目立ちませんので、気になりません。



◆まとめ
ここまでに使ったお金は5000円いくかいかないかですね(二連USB変換込みで)。
なので、予算的にもほとんど気にせずに内装をカバーすることが出来たと思います。

この時実はティッシュカバーなども購入しているのですが、それは別の機会に紹介します。
また、今後も面白いパーツがあればどんどんレビューしていきますので、よろしくお願いします!